海外就職・海外への仕事探しならGJJ

まずは気軽に無料個別相談

  • 【確実に海外就職を成功させたい方のために!!↓↓↓】
  • ◎シリーズごとに異なる海外就職のノウハウを伝授致します!

GJJの活動

田村さつき
書籍・メディア掲載履歴

【書籍】

アジア海外就職~そして旅立った彼らたち~
3年間に130人以上アジアへ送り出した、グローバル人材塾RCEO田村さつきが、新時代の息吹と未来の方向性を示した1冊!

【WEB】

留学・ワーキングホリデーのニュースサイト「留学プレス」にグローバル人材塾RCEO田村さつきが執筆しています。

【ラジオ】

1月20日(月)ラジオNIKKEI「木下晃伸のWorld News File」でグローバル人材塾RCEO田村さつきが海外就職について語りました。

こちらから放送が聞けます。

【DVD】

【ブログ】

海外就職お役立ち情報

◆『可能性は無限大!!』マレーシア就職を実現したT.Aさん28歳

《T.Aさん28歳 プロフィール》

大学卒業後、防災設備メーカーに入社し、建設現場の施工管理の仕事を3年弱行う。退職後フィリピン留学、ニュージーランドでのワーキングホリデーを経て、日本以外でも働ける人材になりたいと思い、マレーシアでの就職を実現。

Q:これまで日本ではどのようなご経歴ですか(お仕事、ご経験、学歴など)

経済学部卒業後、防災設備メーカーに入社しました。建設現場での施工管理の仕事を3年弱行いました。退職後はフィリピンで語学留学、ニュージーランドでのワーキングホリデーを経験しました。

 

Q:どうして海外就職をしようと思ったのですか?

営業職として働きたかったのですが、「営業未経験」「退職から2年間の空白」「年齢」等を考えると、日本の就職活動で勝ち抜くのは難しいと思いました。一方で日本の転職サイトを見ていると、海外勤務経験者を募集する求人を多く見かけました。

それならばこのタイミングで海外就職をすることが、今後日本で働くにも海外で働くにも選択肢が広がると思ったからです。 

また、2年間海外生活をしていたので、海外での生活に不安が少なかった点も大きいです。

 

Q:就職が決まった国はどこですか?

マレーシア

Q:なぜ、世界中からその国を選んだのですか?

実際に行った事がある国の中で生活がしやすそうなシンガポールとマレーシアで就職活動を行いました。 

その中で最も自分の希望とマッチした案件があったのがマレーシアの会社だったからです。

  

Q:海外でキャリアを積んでどのようになりたいですか?

まだ海外でしっかりと働いた事がないので何とも言えませんが、4〜5年後でもマレーシアでの生活が気に入ったなら引き続きマレーシアで、日本で働きたいと感じていたら日本で、さらには他の国でも働けるような人材になっていたいと思います。

 

Q:面接渡航時のあなたの英語レベルはどのくらいでしたか?

TOEIC 850TOEIC SW 300 日常会話レベルの英会話は問題ありませんでした。

 

Q:面接時の服装は?

日本と同様です。スーツ、ネクタイです。暑い国ですが、面接直前に上着着て入室していました。「暑いので上着を脱いで構いませんよ。」と言われたこともありました。

  

Q:何社面接を受けましたか? 

シンガポールで5社、マレーシアで5社受けました。

 

Q:面接でよく聞かれた質問は?

何か質問はあるか。

なぜこの国で働きたいのか。

職務経歴書に記載してあることについての質問。

前職ではどのような仕事をしていたのか。

今後のキャリアプラン。 

両親は海外就職についてどう思っているか。

Q:海外就職実現までの道のりを教えてください。

●2015年12月

フィリピンの語学学校サウスピークに留学中に、

海外就職対策講座に申し込む。

●2015年12月

留学中にGJJの方とスカイプ面談開始。

●2016年1月

帰国後も継続して面談し、希望職種にマッチし

た歴書と職務経歴書を作成と、絶対内定セミナーに参加。

●2016年1、2月

複数のエージェントに登録し、各エージェントとスカイプ面接。

●2016年2月

求人票をいただき、いくつかの会社とスカイプ面接。同時並行で面接準備。

●2016年2月ある程度求人をいただいたところで渡航し、現地での面接。

シンガポールに約2週間の渡航。途中3日間マレーシアで面接。  

●2016年2月シンガポールで1社、マレーシアで2社内定

 

Q:GJJ海外就職デスクの海外就職サクセスコース、セミナー等を受講したことによって、良かったと思う点はどこですか?

就職活動で最も重要だったのはしっかりとした履歴書、職務経歴書の作成だと思います。私の場合は未経験の業種、職種での就職を希望していたので、しっかりとした書類が作成出来ていなかったら、紹介されなかった案件もたくさんあったのではないかと感じました。

面接でも履歴書や職務経歴書に沿って行われることが多かったので、キャリアチェンジを行う場合、書類作成は最も力を入れるべきところだと就職活動を通じて実感しました。

また、インターネットや書籍から得られる海外就職の情報はまだ少ないですし、実際に働いている人も当然少ないです。さらには数年で各国の状況が変わるので、絶対内定セミナーで多くの情報を収集出来たこともよかったです。

現地に渡航してからもエージェントには聞きにくいことなども相談に乗っていただけたので、最初から最後までお世話になりました。

 

Q:海外就職を希望する方へ一言メッセージをお願いします。

海外就職は日本人にとってまだまだ珍しいことだと思うので、イメージが先行してしまう事が多いと思います。自力で海外就職活動をするのは難しいと思うので、GJJで体系的な話を聞く事や、実際に旅行であっても現地に行ってみる事が大事だと思います。

また、多くの国で多くの職種の募集があるので、こだわりがない人ほど事前に優先順位を決めておくといいと思います。私の場合は、「仕事内容」が最も重要で、「まずはシンガポールから探す」というのを念頭に置いていました。最終的にシンガポール、マレーシアどちらの会社で働くか非常に悩みましたが、仕事内容を優先してマレーシアの会社で働くことにしました。 

何かと不安になることが多いと思いますが、前向きに頑張りましょう!

 

海外就職実現者たちが受講したスタンダードコース詳細は下記バナーをクリック!

  

海外就職についての相談【無料:海外就職カウンセリング】にお申込みいただき、お気軽にご相談ください。

 

【海外就職カウンセリング実施日時:完全予約制】

平日・土日祝:10時~21時

所要時間:1時間~1時間30分

その他:服装自由、必要な持ち物はありません。

 

 ※スカイプによるカウンセリングも行っております。(来社していただくお時間がない方や、遠方からのお申込者など受け付けております)